スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thの発音のコツ

「R」の発音の解説をしたときに「R」は「W」に変えて発音するという話をしました。

理由は英語の「R」の音は、日本語のラ行よりもワ行の音のほうが近いからです。


そして今回は「th」の発音についてですが、これにも日本語で近い音があります。

発音が苦手な人たちはthe(ザ)、them(ゼム)、these(ジーズ)というように
ざ行で発音してしまっていたかもしれません。


ですがこれからは、"th"を"d"にして発音してみましょう!

ダ・ディ・ドゥ・デ・ドです。


中学や高校ではthの発音を、舌を噛んで、という風に習ったと思います。

ですが実際ネイティブがあのスピードでいちいち舌を噛んでいるようなことはありません。


正しくは、舌を噛むというよりは、舌を歯の隙間に一瞬だけ入れるという感じです。


それではさっきのthをdで発音するという話になりますが、ゆっくりと「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」と言ってみてください。

その時、舌が前歯の付け根あたりに一瞬触ると思います。

そのまま舌の位置を少しだけ上の歯と下の歯の間のほうにずらしましょう。


その状態で「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」をまた言ってみれば、それが
英語のthの発音に非常に近い音ができています。


実はネイティブの人でも地域によっては訛りで完全にdの音で発音する人もいます。

the→ダ  there→デアー  them→デム
という感じです。




というわけで、まとめると、

thの音は「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」ではなく「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」に近い。

発音の仕方は
まずはthをdに変える。そして下の位置を歯の隙間の方ににずらす。



これからは「舌をかむ」ということを意識しないで、ここで紹介した方法で
練習すると今までよりもうまく発音できるようになると思います。



スポンサーサイト

Rの発音はWで練習!!

日本人が苦手な発音の代表と言えば「R」です。

この英語の「R」の発音は日本語にはないので我々日本人には非常に難しい発音です。


気にせずに日本語の「らりるれろ」で発音している人も多いかもしれませんが
英語の「R」と日本語の「らるれろ」は全然違う発音なんです。


ちなみに「L」の発音も「らりるれろ」とは違うものですがそれはまた今度解説します。


さて、みなさんは中学や高校では「R」の発音を習ったときに「舌を巻け」と言われたと思います。

ですがそーいわれてもいまいちよくわからずに結局みんな「らりるれろ」になっちゃいますね。
実際、英語の先生もちゃんと「R」の発音ができていないことが多いみたいです。



ですが、「舌を巻いて」なんて言われるより圧倒的に簡単な「R」の発音方法があります!!

実は、英語の「R」は日本語の「ら行」よりも「わ行」に非常に近いんです。
なのでRの部分をすべてWに変えて発音してみてください。


例えば"really?"と発音するときに、今まではカタカナ発音で「レアリー?」と言っていたのを
really?→weally?とするのでカタカナにすると「ウェアリー?」です。

"tomorrow"だったら"tomowwow"「トゥモウォウ」です。


これだけでも「らりるれろ」で発音するよりはかなりネイティブっぽく聞こえると思います。


ですがもちろんこれでは完成ではありません。

Wに変えて発音したら「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」になってしまっているので、そこに
すこしずつ日本語の「らりるれろ」を混ぜていってみましょう。


「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」のときの舌が少し内に入っている感じを崩さないで

口の形を変えずに「らりるれろ」の音を混ぜてください。

ここで舌が口の天井に触らないように注意してください。
もし触ってしまったらそれは日本語のラ行です。


ちゃんとワ行の口でラ行の音を混ぜることができていれば、
その今発音している音が英語の「R」に非常に近い音になっていると思います。




"really?"→"weally?"→ラ行の音を混ぜる

"tomorrow"→"tomowwow"→ラ行の音を混ぜる

"ring"→"wing"→ラ行の音を混ぜる



このようにして練習してみてください。

しばらく繰り返していればそのうち意識しないでも自然に「R」の発音が出てくるようになります。



TOEIC公開テストとTOEIC IPテストの違い

TOEIC公開テストではなくTOEIC IPテストというものが存在します。

簡単にTOEIC IPとは何かと言うと、「団体で受けるTOEIC」です。


普通のTOEIC公開テストは個人で受験応募をして、決められた会場へ行き受験します。


ですがIPの場合は会社や大学、英会話スクールなどの団体が実施して

そのグループ内の人だけが受験をします。


つまり、ある会社がTOEIC IPを実施するとしたら、その会社の、
TOEICを受験したい社員だけをを集めて開催します。


IPテストは公開テストよりも簡単だとよく言われています。

使っている問題は公式のTOEICテストで過去に使用した問題です。

現在は数年前に韓国で使用された公式のTOEIC過去問が
IP用の問題として使用されています。


TOEICの問題は年々難易度が上がっていますから過去の問題は確かに
現在行われている公開テストよりも簡単かもしれません。

ただし、ここで勘違いしてはいけないのは、
「テストが簡単=スコアが上がる」とはならないということです。


TOEICの採点方法は1問何点というものではありません。

正解率を出して偏差値のように出されています。


つまりテストが簡単だったら自分以外の人の正解率も上がるので
結局偏差値にしてみれば同じことになります。


そして知っておくべき大事なことは、TOEIC IPのスコアの有効性は
TOEIC公開テストと同じということです。

簡単に言うと公開テストとIPテストのスコアの価値は同じということです。
IPのほうが簡単だからちょっと下に見られたりはしません。

どちらで800点を取得しても関係ありません!!


結論を言うと
IPのほうが簡単なのは事実だがスコアが上がるわけではない。
そして公開テストもIPテストもスコアの価値は同じ。

ということです。




鋼錬エドの名言の英語版がカッコいい!!

ちょっと前に鋼の錬金術師の英語版コミック全巻セットを買いました。

鋼の錬金術師の英題は「FULLMETAL ALCHEMIST」です。


この作品の中の主人公エドワード・エルリックの放った名言の
英語版がすごくかっこよかったので紹介したいと思います。

そのセリフがこちら


無題


「格の違いってやつを見せてやる!!」


さて、英語では何というかというと


"I'll show you there's no comparison between us."

です。



訳してみると

I'll show you=私はあなたに見せる
there's no=存在しない
comparison=比較
between us=私たちの間

「俺たちの間に比較なんて存在しないってことを見せてやる!!」


直訳しちゃうとなんか違和感がありますが

この英語版のセリフの響きはすごくカッコいいです。


このセリフも友達に使ったりできますね。


私は飲み会でどれだけ飲むのかの勝負を仕掛けられたときに

"I'll show you there's no comparison between us !!"

って言ってやりました(笑)







赤西仁の英語

初めに言っておきますが、私は赤西仁のファンです!!

そして彼の英語があまりにかっこよかったので憧れました。

それが私が英語の勉強を始めた理由です。




ちなみに彼は帰国子女とかではないです。

芸能人には子供のころに英語圏の国に住んでいたことがあって
完全に英語がペラペラという方はよくいますが、

ある程度大人になってから英語学習を始めた日本人で
この流暢さは本当にすごいと思います。


芸能人としていろいろと世間の反感を買うようなことが
たくさんあった彼ですが

この英語力は本当に努力した人しか手に入れられないレベルだと思います。

その点はぜひほめてあげてください(笑)



NEXT≫
リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。