スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のゼミPart2&1

                
           TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 2 & 1


究極のゼミシリーズのPart2&1です。

なぜタイトルがPart1&2ではなく、Part2&1なのかというと
Part2のほうが練習することが重要なのでこの参考書では
Part2をメインとして扱っているからです。


この参考書の特徴はPart2を7つのパターンに分類して解説していることです。

それではどのように分類されていて解説されているのかを説明します。




パターン1→WH疑問文(直接的な応答)

WH疑問文とは文頭がWhat, When, Where, Who, Why, Howで始まる疑問文のことです。

直接的な応答とは、質問がwhenだったら、○○時です。とか、○○日です。
という風に単純に時間を答えているもののことです。
質問がWhereだったら、(場所)です。という風に答えているものです。

つまりこのようなWHで始まる疑問文に単純にWhen→時間、Where→場所、
Who→人物という風に応答しているものが正解になるパターンの問題を
「WH疑問文(直接的な応答)」といいます。

パターン1ではそのポイントを解説しています。



パターン2→WH疑問文(間接的な応答)

WH疑問文とはさっき言った通り、What,When,Whereなどで始まる疑問文のことです。

間接的な応答とはWhenやWhereで疑問文が始まったのに、応答が
時間や場所を言わないで"知りません。"や"調べてみます。"
など、聞いたことをちゃんと答えてくれていないものが正解になるもののことです。

すこしひねった答えになります。
直接的な応答の問題よりも難しく、練習が必要です。



パターン3→提案、命令、依頼

提案、命令、依頼とは、「~しませんか?」とか「~しなさい」とか
「~してもらえますか?」と言ってくる文のことです。

これらの文はこの参考書では同じパターンに入れられます。

理由は3つとも応答が、承諾・賛成するか、断るかのどちらかだからです。

このパターンでの応答の表現はあまり多くありません。

ここではそれを解説し、練習します。




パターン4→Yes/No疑問文(直接的な応答)

Yes/No疑問文とはAre you~?やDo you~?やIs this~?など
応答がYesかNoで答えることのできる疑問文のことです。

逆にWH疑問文にはYesかNoでは答えられませんね。

直接的な応答とはこのYes/No疑問文に単純に
Yes,~かNo,~という風に応答しているもののことです。



パターン5→Yes/No疑問文(間接的な応答)

これはさっき言ったYes/No疑問文に対してYesかNoで応答していないものです。

例えば疑問文が
Is this her bag? (これは彼女のバッグですか?)
だとします。

直接的な応答だったら答えは、Yes, it is. か No, it isn't.となりますが、
間接的な応答なら I don't know. (知りません。)とか、
May be John knows.(ジョンが知ってるかも。)という答えになります。

これも直接的なものよりも難しいので練習が必要です。



パターン6→メッセージ

今までのパターンはすべてこちらに何か質問をしてくる、というものでしたが
このメッセージ問題だけは違っています。

質問をしてくるわけじゃなく、問題文がただ何かを報告していたり、
知らせていたりします。

例えば、「コピー機の紙がないです。」とか「この仕事が終わりました。」などです。

このように質問ではなく、ただ何かを報告してくるパターンの問題の
受け答えがどのようなものがあるのかを解説しています。



パターン7→パニック型

パニック型とは疑問文が長かったり難しい構文だったりして
途中で分からなくなっちゃうような問題です。

例えば節と節をつないでいる長い選択疑問文とか、あとは
固有名詞が出てくるやつとかです。

聞きなれない人名や会社名なんかが出てきたら
なんて言ったのかを考えてしまってそのまま全部わかんなくなってしまう
ということがあります。

このようなパニック型の攻略法が解説されています。



Part2に関してはこのように7つのパターンに分類して
丁寧にわかりやすく解説されています。


Part1の扱いは少し小さめですが、ちゃんと役立つポイントを
解説してくれています。
動詞句の聞き取りのポイントや不自然な描写についてです。



そして最後には実際の試験と同じPart1が10問、Part2が30問の
ミニ模試が2回分収録されています。





      ←Amazonで詳しい解説、評価を見れます。












スポンサーサイト

読解特急 上級編

                
           新TOEIC TEST読解特急3 上級編


1駅1題特急シリーズの読解特急上級編です。

まずはこちらの特急シリーズ共通の特徴をご覧ください。


この参考書は実際に出題されているPart7の問題から
最も難しいレベルのものを厳選しています。

普通の読解特急よりもかなり難しい問題が多いです。

20個の記事問題が掲載されています。

1題に5つの設問があるので全部で100問です。

記事問題はPart7の中で特に読み取るのが難しいので
このハイレベルな参考書でマスターすると、他の問題も解けるようになると思います。


この参考書の良いと思ったことは、掲載されている記事問題が
すべて実話だということです。

なので私は毎回、記事を楽しんで読むことができて
飽きずに毎日続けることができました。


そしてこれを使って勉強するときに大切なことは、
5分を計って時間を意識しながら解くということです。

このハイレベルな問題を1記事5分で解くというのは正直言って
最初はかなり厳しいと思います。

ですが毎回ちゃんと時間を計って、5分で解き終えるために
どのくらいのスピードで読めばいいのかを分かる必要があります。

このレベルの問題を5分で解くことに慣れた時には
もう本番のテストはほとんど問題なく解けるようになります。


この参考書のテーマは「高地トレーニング」です。

つまり、本番よりも少し難しいレベルに慣れておいて、
テスト本番では楽に感じるようになれる、ということです。



最近のTOEICではPart7の問題が長くなって
部分読みだけでは解けない問題が増えてきています。

ですがこの参考書のレベルならPart7の難化にも十分対抗できます。

700~800点以上を目指している方は非常にお勧めです。

それ以下の方は、まずは普通の読解特急でトレーニングすることをお勧めします。






     ←Amazonで詳しい説明と評価を見れます。





















読解特急

                
            1駅1題 新TOEIC TEST読解特急



1駅1題特急シリーズの読解特急です。

まずは特急シリーズ共通の特徴をご覧ください。

全部で96問分収録されています。

TOEICテストでPart7は全部で48問なのでこの参考書には
本番2回分の問題が入っているということになります。

Part7のトレーニングとしては十分な量です。



この参考書の問題のレベルは本物と同じかそれよりも少し簡単という感じです。

あまり難しい問題がないのでどんどん読み進められます。

なので速読に慣れてスピード強化をするには非常に良いです。


小さくて分厚くなくてすごく軽い本なので
机に向かって勉強をするという感じにならないで
気軽にさっと開いて1,2問解いて、という風に練習できると思います。


問題文はすべてTOEICの頻出語彙を集めて作られているので
無駄がなく、これで長文の練習をすれば語彙力もアップできます。




     ←Amazonで詳しい説明、評価を見れます。















1駅1題特急シリーズ

一駅一題特急シリーズの共通の良い点をまとめました。


まずは何といってもこのシリーズ一番の売りであるサイズです。

基本的に多くの参考書のサイズは少し大きめですが
この特急シリーズは新書サイズなので小さめになっています。

新書サイズというのは漫画の単行本ぐらいの大きさです。

片手で持つことも簡単なので、このシリーズは通勤や通学中に
電車やバスの中でも手にもって勉強できるというのが売りです。



そして、満足できる豊富な内容量、解説も丁寧ですが、
非常に値段が安いです。



著者は毎回TOEICを受験していてTOEICを熟知しています。

TOEIC講師界では有名でトップレベルの人気の方々です。



さらに非常にうれしいサービスが付いています。

このシリーズの参考書はウェブから無料で、問題の音声や
単語を読み上げた音声などのいろいろな
コンテンツをダウンロードすることができます。無料です!!


1駅1題特急シリーズに共通している良い点はこんな感じです。


TOEICテスト新公式問題集

        

            TOEICテスト新公式問題集 Vol.1~5


こちらはTOEICを運営している団体が作った公式問題集です。



本番と全く同じ形式、問題数の模試が2回分収録されています。

冒頭ではサンプル問題を使ってTOEICテストの説明がされているので
TOEICを受けたことがない初心者の方も、まずこの問題集をやってみる
というのも良いと思います。

リスニングパートのナレーターが本番と同じです。
どうしてもほかの参考書だとリスニングパートの
読むスピードが本物と少し違ったり違和感があったりしますが
これは公式なのでその点は信頼できます。

付属のマークシートは本物とほぼ同じなので、そこにも慣れることができます。

取り外し可能な解答・解説の冊子がついています。

自分の解答からスコア換算ができるようになっているので
大体の自分のスコアを把握できるというのも非常に良い点です。



この公式問題集を使っての勉強法ですが、まず一番大事なのは
ちゃんと2時間計って本番と同じように集中して本気でやることです。

最後まで終わらなくても時間になったら一旦そこでやめます。

ちゃんと本番と同じようにやってどのくらい正解できるか、
どこまで終わるのか、自分の実力を確認しないと模試の意味がありません。

そのあとで解答・解説を見てしっかり復習しましょう。



ただし、問題の解説は他の、パートごとの専門の参考書のほうが
丁寧で分かりやすいです。

パートごとのテクニックや攻略法なども書いてありません。


なので私がお勧めする使い方は、
しばらくは究極のゼミシリーズや1駅1題特急シリーズで
各パートの解き方、テクニックをしっかり練習します。

そして本番1週間前ぐらいになったら公式問題集をやり始めて
本番のテスト全体の時間の感覚や形式に慣れるようにします。

本番前に1回だけやるのではなく、何度も繰り返したほうがいいです。
答えをほとんど覚えてしまうぐらいやってもいいと思います。

公式問題集で慣らしておくと本番での時間配分などがちゃんと
うまくできるようになるので、これはとても大事なことです。


現在Vol.1~5まで出ていますが、最新のものから使うのをお勧めします。

↓Amazonで詳しい説明、評価を見れます。

















TOEIC英単語スピードマスター

                   
          TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター NEW EDITION


TOEICの英単語集です。

TOEICの参考書ではトップの人気本でベストセラーになっています。


収録されている単語はすべて
「動詞」、「形容詞・副詞」、「名詞」、「ビジネス語」、「生活語」、「イディオム」
と、ジャンル分けされています。

全体で3000語以上のTOEIC頻出単語が収録されています。

例文は、短い1文のセンテンス例文が700文、
長文になっているパッセージ例文が48文あります。

「動詞」、「形容詞・副詞」、「名詞」は合計で見出し語が500と
それぞれに類義語、派生語、センテンス例文が付いています。

「イディオム」は200個ですべてセンテンス例文が付いています。

「ビジネス語」、「生活語」はすべてパッセージ例文になります。

パッセージ例文はそんなに長い文ではなく、
30秒ほどで読めるぐらいの長さです。

CDが2枚付いていてすべての例文が収録されています。



この単語集で特に良いところは例文の質の良さです。

頻出の見出し語500、イディオム200のすべてに例文が付いていて
それらはTOEICに直結した内容になっています。

そして、多くの英単語帳の付属CDは「単語→意味→例文」とか、
「単語→例文」という風に収録していますが
このCDは例文のみが連続で収録されています。

この収録のされ方は次で説明する勉強法において非常に良いことです。



この単語集を使っての勉強法ですが、ただ単語だけを見て
暗記するのではなく、ぜひ例文の暗記をしてください。

具体的に言うと、付属のCDで例文を聞いてそれを自分の口で繰り返す。
聞き取れないところは文を見て確認します。

それを何度も繰り返して、例文を耳で聞いた後に
文を見ずにそのまま口でリピートできるようになったらその文はOKです。

そしてまた次の文をやります。


私は実際にこの勉強法を初めからずっとやってきて
TOEICのスコアと実用的な英語力を伸ばしました。


この勉強法の利点はたくさんあります。

まず、単語だけを憶えるよりもずっと長く頭に残ります。
目、耳、口が全部暗記の道具になりますので記憶にしっかり刻まれます。

そして、例文ごと憶えるのでその文に含まれる文法を自然に
身に付けることができます。文法書を読んでいろいろと解説されるよりも
実際に例文をたくさん読んで聞いたほうが確実に習得は早いです。

もちろんCDを聞いて暗記するのでリスニング力も鍛えられます。

ついでに自分の口で何度も読むので発音もかなり良くなります。


つまり単語力、文法力、リスニング力、発音が同時に、
そして自然に身に付くということです。

この勉強法をしっかりやればTOEICの全パートのスコアアップにつながります。


一つ一つ例文を暗記しているような時間はないという方も、
単語を勉強するときは例文を読んで聞くようにしてください。

暗記まではしないにしても、それだけで単語だけ見るよりは大きな差があります。




    ←Amazonで詳しい説明、評価を見れます。
















TOEIC究極のゼミPart5&6

                     
                TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 5 & 6


TOEIC Part5&6の参考書です。

Part5&6で大事なことは何といってもスピードです。

Part7を最後まで解き切るためにはこのPart5&6を
できるだけ早く駆け抜ける必要があります。

そしてPart5&6はちゃんとトレーニングをしたかどうかでスピードに大きな差が出ます。

この参考書はPart5&6を20分で解き終えることを目標に
いろいろなテクニックを解説しています。


この参考書では最も基本的で最も大事なことである
「問題タイプの判断」を徹底的に練習していく内容になっています。

「問題タイプの判断」が何なのかわからない方はコチラを先に読んでください。


この参考書でPart5は
①品詞問題(基本編)
②品詞問題(発展編)
③動詞の形
④代名詞、関係代名詞、限定詞
⑤前置詞、接続詞
⑥語彙問題

の6タイプに分類してそれぞれ丁寧に解説しています。

それぞれの問題タイプによって問題文を読むべき量が違うので
それをマスターすることで時間を大きく節約できるようになります。


Part6は
①独立型問題
②文脈から解く問題
③文脈から解く問題2
④文脈から解く問題3

という風に分類されています。

こちらではまず、独立型問題と文脈問題の判断をするための内容になっています。

「独立型、文脈型」についてはコチラで少し解説しています。

最後にミニ模試がついていて自分の理解度や弱点が分かるようになっています。




    ←Amazonでもっと説明や評価などを見れます。











TOEIC究極のゼミPaer3&4

                     

                 TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 3 & 4


TOEICPart3&4の参考書です。

特徴はPart3を設問のパターン、Part4をトークのパターンで
分類して解説しているところです。

Part3は「概要に関する問題」、「詳細に関する問題」などに分けられています。

「概要に関する問題」とは、

What are they talking about? (彼らは何について話していますか。)や、
Where does this conversation take place? (この会話はどこで行われていますか。)

など、この会話の概要を問うもののことです。

この「概要に関する問題」の設問はほとんどが
いくつかの決まった定型文で毎回出ます。

そのお決まり設問を憶えておくだけでテストでは設問を読む時間もかからなくなり
問われることも分かっているのですごく楽になります。

このように設問をパターンに分類して、それぞれのパターンで頻出の
お決まり文などがすべて解説されています。

さらに、注意して聞くべきポイントや
解答を選ぶヒントになる表現など、たくさん紹介されています。



Part4はトークのパターン別に解説しています。

電話の留守電メッセージや店内アナウンス、ニュースなどPart4に出題されるトークは
いくつかのパターンに分類できます。

この参考書ではそれぞれのパターンでよくあるストーリーの流れやヒント表現など
非常に役に立つことがたくさん解説されています。


最後には実際のテストと同じ60問のミニ模試が2回分収録されています。

解説、問題の質、量、とても満足のお勧め参考書です。



   ←Amazonでもっと説明や評価をみれます。














筆者のTOEIC勉強法

私がTOEIC460点から850点に伸ばすまで実際にやった勉強です。

大学入学時に受けた時のスコア:460点

まず初めにやったことはTOEIC英単語スピードマスター
毎晩30分ほどひたすら例文暗記です。

例文暗記というのは、参考書の付属のCDで例文を聞いて、
それを自分の口で繰り返す。

文を見ずに耳だけで聞いて一文を口で読めるようになったら次の文へ。という感じです。

これを2~3か月ぐらい寝る前にだけこの勉強をずっとやっていました。


次に受けたTOEICは630点まで上がりました。

この後から初めてパートごとの本格的な練習をしました。

まずはひたすらTOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 5 & 6 をやりました。
この参考書を合計3周勉強しました。

その3周でPart5&6の問題タイプの判断をかなりマスターしたので
文法問題のスピード、正確さは格段に上がっていました。

それとTOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 3 & 4 でリスニングパートも練習しました。

参考書を読んで問題、設問のパターンを勉強して、寝る前に毎晩
Part3&4の問題を聞き続けて耳を慣らしました。

テストの1週間前ぐらいにはTOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 を何度かやって
全体の時間配分などの感覚を掴んでおくようにしました。


次に受けた時には805点でした。

この後にやった勉強はほとんど新TOEIC TEST読解特急3 上級編 だけです。

この参考書はPart7のハイレベルな問題だけが入っているので、
これに慣れてしまえば本番は楽に行けると思ってやっていました。

1日に1~2問解いていただけですがPart7の読むスピード、
正解率はかなり上がっていました。

そしてテスト直前には公式問題集を何回かやっておくのと、究極のゼミ3&4と5&6の
解説を読み直して問題タイプや設問パターンを軽く復習しておきました。

そのあとに受けたテストで850点を獲得しました。


まとめ。


460点

TOEIC英単語スピードマスター で例文暗記(1日20~30分、2~3か月)

630点

究極のゼミ Part 5 & 6 究極のゼミ Part 3 & 4
公式問題集 をちょっと
(1日30~40分、2か月)

805点

読解特急3 上級編 、公式、Part3,4,5,6の復讐をちょっと
(2~3週間)

850点


Part1&2のための練習は特にしていません。公式問題集でやっただけです。


1日30分ぐらいの勉強をのべ半年ほどやったことになります。

個人的に一番重要だったと思う勉強は一番最初にやった例文暗記です。

あれを一生懸命やったことによって語彙力、リスニング、文法の基礎は
自然にかなりレベルアップしていたと思います。

その基礎があったからこそそのあとは各パートごとの解き方、テクニックを
勉強しただけでどんどんスコアが上がったといえます。


それぞれみなさん使える時間が違いますから、これを参考程度に
自分のできる勉強を効率よくやっていきましょう!!


すべえ解き終える時間配分!!

TOEICでは時間との勝負になりますが

正しい時間配分を知っておくことは非常に大切です。

英語力が変わらなくても時間配分をしっかりやるかやらないかで
スコアに直接影響します。

時間配分で大事なことをいくつか解説します。


リスニングパートは先読みが大事!!


リスニングパートは放送される時間が決まっているので、
全体の時間を節約したりはできませんが
リズムよく乗り切るための時間の使い方はあります。

まず一番最初に問題冊子を開いた後からしばらくパートの説明が放送されます。

この時にPart1の写真をすべて見て人物や物の位置などの注意点を
すべてチェックしておきましょう。

※このリスニングパートの説明の放送中にPart5のページを開いて
先に問題を解くことは禁止されているので気を付けてください。

Part3&4では設問の先読みのタイミングが大事です。

Part3&4の先読みのタイミングについてはコチラで詳しく解説しています。

Part5&6は駆け抜ける!!


Part5&6ではどれだけ素早く終えてPart7に時間を残せるかが大事です。

Part5&6の2つを20分で終えることを目標としましょう。
遅くても25分で終わらなければPart7が厳しくなります。

最初は20分というのはかなり厳しく感じると思います。

Part5攻略のページで解説した問題タイプの判断をできるようになれば
20分で最後まで行けるようになるので繰り返し練習しましょう。


見直しはPart5!!


最後まで解き終えることが難しいのに見直しなんてできないと思うかもしれませんが
実はTOEICで見直しをすることは意外と重要なんです。

Part7を50分ほどで終わらせれば最後に数分の見直し時間が確保できます。

この時にまずはPart5を見直しましょう。

Part5は素早く一気に解くのでちゃんと読めば解けたはずの
ミスがいくつか出てしまいます。

これを最後にしっかり拾っておけば最後の一瞬で貴重な点数を確保できます。

Part7の最後の難しい問題を時間をかけて解くよりも最後の数分になったら
いったんPart5の見直しに行ったほうがいいかもしれません。

どうせ1問は1問ですので簡単で確実な方を拾いに行ったほうが得です。

もちろん時間配分をマスターして全問解いたうえで
見直しもできるようになることが一番です。




全体の時間配分のまとめです。

  テスト全体:2時間1分
  
  リスニングパート:46分
  リーディングパート:75分  Part5:15~16分 Part6:5~6分 Part7:50~53分
  見直し:3~5分





時間の経過がすぐにわかる腕時計です。
↓↓
ベゼル回転式腕時計



NEXT≫
リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。