スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスニング力を鍛えるには声に出す!!(基礎レベル)

TOEICのPart3の設問パターンだとか、Part4のトークパターンだとかを解説しましたが、
そんなことの前にもう全然英語が聞き取れなくて全く分からない、という方もいると思います。


そんな方のために今回はリスニング力の基礎をトレーニングする方法を紹介します。


初級レベルの方がリスニングを鍛えるために最もお勧めする勉強法は
短文をひたすら繰り返し聞いてシャドーイングすることです。


まずなぜ短文のほうがいいのかというと、ハイレベルなリスニング力がないと
長文をしっかり最後まで聞くことは非常に難しいからです。

5秒ほどの長さの短文をしっかり集中して聞き取るようにしてください。

CMなんかで「英語を音楽のように聞き流しているだけで~~~」なんて言っていたりしますが
あれは絶対にウソです!!

英語は理解しようと思って聞かないと上達できません。

なので長文ではなく短文を何度も何度も繰り返し聞いて
すんなり意味が分かるようになるまで一つ一つやっていきます。



そして、大事なのがシャドーイングです。

シャドーイングとはリスニングしている文をナレーターを追いかけるように
そのまま自分の口で繰り返し読むことです。


なぜリスニングを鍛えるのに口で読む必要があるのかと思うかもしれません。

ですがここで、リスニング学習において非常に大事なことがあります。

それは、「自分の口で同じスピードで読めなければ、その文を聞き取ることもできない」ということです。

逆に、「自分が同じスピードで読めるようになれば、その文はもう聞き取れる」とも言えます。



これは、大学の教授たちもよく言っていたことです。

実際にリスニングを鍛えるには口で読むことが非常に効果的なんです。



なので短文を聞いてそれをシャドーイングして、それを繰り返してナレーターのスピードに
ついていけるようになったら次の文をやる。という風にしてみましょう。

この時に発音の良さはあまり気にしなくて大丈夫です。



この勉強法をしばらくやってリスニングの基礎が付いたと思えたら
TOEICのPart3&4用の参考書に切り替えて本格的にTOEICの勉強をしてみたらいいと思います。



まとめ

リスニングの基礎の鍛え方

・長文ではなく短文を繰り返し聞く。

・聞き流すのではなく、理解しようとして聞く。

・ナレーターのスピードについていけるようにシャドーイング。

・自分の口で読める文は聞き取れる。



もしこの勉強法を直接TOEICの上達に役立たせたいという方はTOEICスピードマスター

使うことをお勧めします。

例文の長さやCDのスピードがちょうどいいと思います。TOEIC語彙で構成されています。


もっとレベルの低い簡単な文で勉強したい方は他の
TOEIC用ではない参考書を使ってもいいです。




スポンサーサイト

thの発音のコツ

「R」の発音の解説をしたときに「R」は「W」に変えて発音するという話をしました。

理由は英語の「R」の音は、日本語のラ行よりもワ行の音のほうが近いからです。


そして今回は「th」の発音についてですが、これにも日本語で近い音があります。

発音が苦手な人たちはthe(ザ)、them(ゼム)、these(ジーズ)というように
ざ行で発音してしまっていたかもしれません。


ですがこれからは、"th"を"d"にして発音してみましょう!

ダ・ディ・ドゥ・デ・ドです。


中学や高校ではthの発音を、舌を噛んで、という風に習ったと思います。

ですが実際ネイティブがあのスピードでいちいち舌を噛んでいるようなことはありません。


正しくは、舌を噛むというよりは、舌を歯の隙間に一瞬だけ入れるという感じです。


それではさっきのthをdで発音するという話になりますが、ゆっくりと「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」と言ってみてください。

その時、舌が前歯の付け根あたりに一瞬触ると思います。

そのまま舌の位置を少しだけ上の歯と下の歯の間のほうにずらしましょう。


その状態で「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」をまた言ってみれば、それが
英語のthの発音に非常に近い音ができています。


実はネイティブの人でも地域によっては訛りで完全にdの音で発音する人もいます。

the→ダ  there→デアー  them→デム
という感じです。




というわけで、まとめると、

thの音は「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」ではなく「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」に近い。

発音の仕方は
まずはthをdに変える。そして下の位置を歯の隙間の方ににずらす。



これからは「舌をかむ」ということを意識しないで、ここで紹介した方法で
練習すると今までよりもうまく発音できるようになると思います。



Rの発音はWで練習!!

日本人が苦手な発音の代表と言えば「R」です。

この英語の「R」の発音は日本語にはないので我々日本人には非常に難しい発音です。


気にせずに日本語の「らりるれろ」で発音している人も多いかもしれませんが
英語の「R」と日本語の「らるれろ」は全然違う発音なんです。


ちなみに「L」の発音も「らりるれろ」とは違うものですがそれはまた今度解説します。


さて、みなさんは中学や高校では「R」の発音を習ったときに「舌を巻け」と言われたと思います。

ですがそーいわれてもいまいちよくわからずに結局みんな「らりるれろ」になっちゃいますね。
実際、英語の先生もちゃんと「R」の発音ができていないことが多いみたいです。



ですが、「舌を巻いて」なんて言われるより圧倒的に簡単な「R」の発音方法があります!!

実は、英語の「R」は日本語の「ら行」よりも「わ行」に非常に近いんです。
なのでRの部分をすべてWに変えて発音してみてください。


例えば"really?"と発音するときに、今まではカタカナ発音で「レアリー?」と言っていたのを
really?→weally?とするのでカタカナにすると「ウェアリー?」です。

"tomorrow"だったら"tomowwow"「トゥモウォウ」です。


これだけでも「らりるれろ」で発音するよりはかなりネイティブっぽく聞こえると思います。


ですがもちろんこれでは完成ではありません。

Wに変えて発音したら「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」になってしまっているので、そこに
すこしずつ日本語の「らりるれろ」を混ぜていってみましょう。


「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」のときの舌が少し内に入っている感じを崩さないで

口の形を変えずに「らりるれろ」の音を混ぜてください。

ここで舌が口の天井に触らないように注意してください。
もし触ってしまったらそれは日本語のラ行です。


ちゃんとワ行の口でラ行の音を混ぜることができていれば、
その今発音している音が英語の「R」に非常に近い音になっていると思います。




"really?"→"weally?"→ラ行の音を混ぜる

"tomorrow"→"tomowwow"→ラ行の音を混ぜる

"ring"→"wing"→ラ行の音を混ぜる



このようにして練習してみてください。

しばらく繰り返していればそのうち意識しないでも自然に「R」の発音が出てくるようになります。



出る単特急金のフレーズ

               
          新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ


特急シリーズのTOEIC英単語の参考書です。


まずは特急シリーズ共通の特徴をご覧ください。


ただ純粋にTOEIC用の語彙力だけを伸ばしたいという方には
この参考書が一番お勧めです。


この出る単特急金のフレーズの特徴はたくさんあります。


まず一つ目は、これに収録されている単語は、実際に著者が何度もTOEICを受験して
その直後に出ていた単語を思い出して書き留めた単語ということです。

つまり事実としてTOEICに出てきた単語を集めて作られた単語集なので
せっかく勉強したのに本番に全然でなかったなんてことはありません。



次に、すべての見出し語には数単語で作られたフレーズが付いています。

このフレーズもTOEICに出てきそうな実用的なものです。

赤シートが付いていて、それで憶えられたかをチェックできるようになっています。

この、フレーズで覚えるというのはとても良い方法で、
単語だけを見て暗記をするよりも確実に効率がいいです。



そしてこの参考書には一区切りごとにおまけコーナーのような感じの物が付いています。

内容は、Part1で出る単語、部署や職業名、多義語、定型表現です。

このおまけコーナーが非常に役に立ちます!!

特にPart1の単語と部署・職業名はすぐにでもTOEICに活かせる内容です。



この金のフレーズは初心者から800点ぐらいの方は絶対に役に立ちます。





      ←Amazonで詳しい説明と評価を見れます。














TOEIC公開テストとTOEIC IPテストの違い

TOEIC公開テストではなくTOEIC IPテストというものが存在します。

簡単にTOEIC IPとは何かと言うと、「団体で受けるTOEIC」です。


普通のTOEIC公開テストは個人で受験応募をして、決められた会場へ行き受験します。


ですがIPの場合は会社や大学、英会話スクールなどの団体が実施して

そのグループ内の人だけが受験をします。


つまり、ある会社がTOEIC IPを実施するとしたら、その会社の、
TOEICを受験したい社員だけをを集めて開催します。


IPテストは公開テストよりも簡単だとよく言われています。

使っている問題は公式のTOEICテストで過去に使用した問題です。

現在は数年前に韓国で使用された公式のTOEIC過去問が
IP用の問題として使用されています。


TOEICの問題は年々難易度が上がっていますから過去の問題は確かに
現在行われている公開テストよりも簡単かもしれません。

ただし、ここで勘違いしてはいけないのは、
「テストが簡単=スコアが上がる」とはならないということです。


TOEICの採点方法は1問何点というものではありません。

正解率を出して偏差値のように出されています。


つまりテストが簡単だったら自分以外の人の正解率も上がるので
結局偏差値にしてみれば同じことになります。


そして知っておくべき大事なことは、TOEIC IPのスコアの有効性は
TOEIC公開テストと同じということです。

簡単に言うと公開テストとIPテストのスコアの価値は同じということです。
IPのほうが簡単だからちょっと下に見られたりはしません。

どちらで800点を取得しても関係ありません!!


結論を言うと
IPのほうが簡単なのは事実だがスコアが上がるわけではない。
そして公開テストもIPテストもスコアの価値は同じ。

ということです。




鋼錬エドの名言の英語版がカッコいい!!

ちょっと前に鋼の錬金術師の英語版コミック全巻セットを買いました。

鋼の錬金術師の英題は「FULLMETAL ALCHEMIST」です。


この作品の中の主人公エドワード・エルリックの放った名言の
英語版がすごくかっこよかったので紹介したいと思います。

そのセリフがこちら


無題


「格の違いってやつを見せてやる!!」


さて、英語では何というかというと


"I'll show you there's no comparison between us."

です。



訳してみると

I'll show you=私はあなたに見せる
there's no=存在しない
comparison=比較
between us=私たちの間

「俺たちの間に比較なんて存在しないってことを見せてやる!!」


直訳しちゃうとなんか違和感がありますが

この英語版のセリフの響きはすごくカッコいいです。


このセリフも友達に使ったりできますね。


私は飲み会でどれだけ飲むのかの勝負を仕掛けられたときに

"I'll show you there's no comparison between us !!"

って言ってやりました(笑)







赤西仁の英語

初めに言っておきますが、私は赤西仁のファンです!!

そして彼の英語があまりにかっこよかったので憧れました。

それが私が英語の勉強を始めた理由です。




ちなみに彼は帰国子女とかではないです。

芸能人には子供のころに英語圏の国に住んでいたことがあって
完全に英語がペラペラという方はよくいますが、

ある程度大人になってから英語学習を始めた日本人で
この流暢さは本当にすごいと思います。


芸能人としていろいろと世間の反感を買うようなことが
たくさんあった彼ですが

この英語力は本当に努力した人しか手に入れられないレベルだと思います。

その点はぜひほめてあげてください(笑)



あきらめたら、そこで試合終了ですよ。英語版のセリフがカッコいい!!


みなさん、日本を代表する名作漫画「SLAM DUNK」をご存知ですね。

ヤンキー高校生の桜木花道がバスケの才能に目覚め
仲間とともに強豪校と戦っていく青春バスケマンガです。


作中には数々のキャラクターたちの名台詞が出てきます。

その中でも最も有名なセリフがコチラだと思います。


無題


「あきらめたら、そこで試合終了ですよ…?」

安西先生の放った名台詞です。



さて、このセリフを英語では何というのでしょうか。



"When you give up, that's when the game is over."


これです!!かっこいいですね。


ちなみに私は今のところ英語版コミックで一番好きで
カッコいいと思うセリフはこれです。


普通に友達に使ったりしています。

「この課題終わんねーよー」とか言ってたら

"When you give up, that's when the game is over!!!!"という感じで。

もちろんギャグとしてです(笑)


皆さんもぜひこのセリフを英語で言ってみてください。








1駅1題文法特急

             
         1駅1題 新TOEIC TEST文法特急



1駅1題特急シリーズの文法特急です。


まずは、特急シリーズ共通の特徴をご覧ください。


この参考書ではPart5&6の問題をカテゴリーわけして、
さらに出題傾向を分析して作られているので全く無駄のない内容になっています。


テーマになっているのはPart5&6での「タイムマネジメント」、
つまり時間の使い方のトレーニングです。

無駄な時間を使わずにすばやく解いてPart7にできるだけ
時間を多く残すことができるようになります。


具体的には、文法問題を解くときにその文を和訳して考えるのではなく
その文の構造を一瞬で見極めて和訳せずに解く。
ということができるようになるので、圧倒的に早く解けるようになります。



下のように問題を分類して解説されています。


★初級編 絶対おさえるべき23題

これは、TOEICテストに毎回のように出題されるので
絶対におさえなくてはならない問題を解説。



★スピードを手に入れる19題

これは、特にスピードを上げて時間をかけずに
解くことができる問題を解説。



★中級編 苦手分野を克服する14題

これは、多くの人が苦手だと感じる
厄介な問題などを解説。



★意外な落とし穴を回避する20題

これは、正解のつもりでも、良くミスをしてしまいがちな問題を解説。



★上級編 ここで差がつく15題

これは、さらなる高得点を目指すために重要な
上級問題を解説。



★最高峰を目指す15題

これは高得点者でも落としてしまうような
最高難度の問題を解説。



Part5&6の問題をこのようにカテゴリーわけして
1つ1つ丁寧にわかりやすく解説されています。

前半の方がやさしめで基本的な問題、
後半は難易度の高い問題になっているので
低スコアの方でもじっくりと理解しながら進めます。





   ←Amazonで詳しい解説と評価を見れます。















リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。