スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Part1攻略テクニック

ここではTOEICのPart1について解説していきます。

まず初めに言っておきますがPart1は簡単パートでしかも10問しかありません。
ですのでPart1のための対策や勉強は基本的には必要ないです。

もちろん勉強は必要ですが、重要なPart3や4の練習をしていれば
リスニング力も自然に身に付きますのでPart1だけのための
対策をする必要はないということです。

下で簡単にポイントを解説していますので参考にしてみてください。


5つのポイントを紹介します。

まず一つ目。

人物が一人なら動作を見る!!


写真に人物が一人写っていたらその人の動作に注目してください。

例えば、指をさしている、○○を持っている、立っている、○○を見ている、などです。
そして文を聞くときには動詞に注意しておきましょう。


二人以上の人物は共通点と違う点を見る!!



写真に二人以上の人物が写っている場合はその人たちの
共通点か一人だけ違うことを探しましょう。

例えば共通点だったら、全員本を持っている。とか全員時計をしている。とかです。

逆に一人だけ立っている。とか一人だけ半袖シャツ。とかも探しましょう。

二人以上の人物が写っていたらこのように
共通点、一人違う点が答えになることが多いです。


風景は物の位置、並び、状態を見る!!



写真が風景や道路、部屋の中などだった場合はそこに写っている
物の位置関係や並び方、その状態に注目しましょう。

例えば車が一列に並んでいる。とか、本が重なっている。とか、
椅子が並んでいる。とかです。

このように特に二つ以上の物の位置関係、並び方は重要ですので
写真を見たらすぐに意識して待っていましょう。


消去法。間違っていないのが正解!!



これはTOEICテスト全体に言えることですが、消去法に慣れることは非常に大事です。

Part1は簡単と言いましたが後半になると段々難しくなり
いくつかは確信をもって答えられないかもしれません。

そのときにちゃんと消去法ができないとミスで落としてしまいます。

写真に写っていないものが読まれたらそれは基本的に不正解です。
人物がしていない動作も消していきます。

選択肢を消していって最後に残った一つがしっくりこなくて
正解かどうかが不安なことがあると思います。

その時はその消去できなかった選択肢を
正解だと思って次に切り替えることが大事です。

高得点を取る人でもわからないような単語や表現が出ることがありますので
その一つが微妙でも他の三つが消去できたらそれが正解です!


言い換え表現は正解!!



言い換え表現というのはほかのパートでも大事なものです。

例えば写真に車が写っていて"car"という単語を待っていたら"vehicle"がきたり、
お皿が写っていて"plate"だと思っていたら"utensil"が聞こえてきたり。

このように低スコアの人たちが分からなそうな言い換え表現が聞こえたら
それが正解になることが多いです。




ここで解説したポイントを知っておくだけでも正解率は上がります。
忘れないように何度かしっかり読んでおいてください。

参考書を使って写真を見てちゃんと練習がしたいという方は
お勧め参考書一覧から選んで練習してみましょう。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。