スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Part3攻略テクニック

ここではTOEICのPart3について解説します。


Part3は二人の人物の会話を聞いて設問に答える問題です。

このパートは初めはついていけなくて難しく感じるかもしれませんが
心配することはありません。

なぜなら

Part3はPart3の為の練習をすれば確実にスコアアップできるからです。


下でいくつかポイントを解説します。


設問の先読みのタイミング!!



Part3と4で非常に大事なのが設問の先読みのタイミングです。

問題が流れてくる前に設問を先読みしておくことは絶対ですが、
そのタイミングを決めておくとパート全体をリズムよく乗り切れます。

Part3には一つの問題に三つの設問があります。
会話文→設問1→設問2→設問3という風に放送されます。

次の問題の設問を読み始めるタイミングは
設問2の読み上げが終わった時です。

設問2の読み上げが終わった時を目安に次の問題の設問を
先読みし始めましょう。
つまりそれまでに三問とも答えてしまう必要があります。

もし三問答える前に設問2の読み上げが終わってしまったら
悩むのをやめてすぐに次の問題に切り替えてください。

このリズムを崩さないで最後まで続けることが大事です。


分からない単語は無視!!



会話を聞いていて知らない単語や聞き取れなかった単語、
聞いたことあるけど思い出せない単語などが
出てくることがよくあります。

その時に初心者はよくその単語の意味を考えたり
思い出そうとしてしまいます。

ですがそれは絶対にやってはいけません。
もし三秒でもその単語で頭が止まってしまったら Part3ではもう手遅れになります。

なのでもし分からない単語が聞こえたときは、一瞬も考えずに
会話の続きを聞き続けてください。

Part3は会話の流れを理解することが大事です。


問題は初めのほうに出てくる!!



Part3では何か問題が起きたことについて
会話をしていることが多いです。

例えばオフィスのコピー機が壊れたとか、
お店で買った商品が不良品だったとか、などです。

そして設問では
What is the problem?(問題は何ですか)
などと言うように書かれています。

この時に注意して聞くべきなのは会話の初めのほうです。

多くの場合が会話の初めのほうで
何の問題が起きているのかは話に出てきています。

設問の先読みで何の問題が起きているのかを問われていたら
会話の初めのほうに注意しましょう。


設問のパターンを憶える!!



Part3で最も大事なことがこれです。

Part3では設問のパターンはかなり決まっています。
なのでそれを憶えておくだけで理解もしやすく
時間もかからなくなります。

さらに設問のパターンを知っておくと、そのパターンごとに
ヒントになる表現があるので
正解率もかなりあげることができます。

例えば設問がWhat does the man suggest?
だったとしたらこれは、男性が何を提案しているのかを聞かれています。

その場合会話中にWhy don't you~?やHow about~?
という表現が出てきたらそこが答えになります。

このように設問のパターンとそのヒントになる表現を
憶えておくだけでPart3は一気に楽になります。

そして実はPart3はこのようなお決まり設問パターンと
お決まりヒント表現が満載なんです。





ここまでいくつかPart3についてポイントを解説しましたが
ちゃんと音を聞いて練習問題を解かなければ
Part3は上達することはできません。

特に最後のポイントの設問のパターンの暗記は
参考書を使ってちゃんと解説を読みながら
すべてのパターンを暗記する必要があります。

ちゃんとPart3の練習をしようと思った方は
こちらの参考書を使ってください。


この参考書には先ほど言った設問のパターンも
すべて載っています。

練習問題も多いので先読みのタイミングも
しっかり練習することができます。

ここでは書けなかったテクニックが
たくさん書いてあるので
ぜひ使ってみてください。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。