スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Part4攻略テクニック

ここではTOEICのPart4について解説します。

Part4は短いトークを聞いて設問に答える問題です。

Part3とは違って一人の人物が話をしています。

下でポイントを解説しますがPart3と似ているパートなので
同じポイントも多くなっています。


設問の先読みのタイミング!!



これはPart3と同じことですのでPart3のページをご覧ください。

分からない単語は無視!!


これもPart3と同じことが言えます。


冒頭でトークの概要が分かる!!



Part3では会話の初めのほうで、発生している問題が
何なのかが分かると言いましたが
Part4でも似たようなことが言えます。

Part4では冒頭でそのトークの概要、目的が分かります。

つまりトークが店内アナウンスだったら、
冒頭でそのアナウンスの目的がほとんどわかります。

そしてトークの概要は設問で問われることが多いので
注意して聞いておく必要があります。


トークのパターンに慣れる!!



Part3では設問のパターンが決まっているといいましたが
Part4ではトークにパターンがあります。

トークのパターンというのは、トークのシチュエーションのことです。

例えば、電話のメッセージ、店内アナウンス、ニュースなどです。

しかもこれらのトークパターンはそんなに多くありません。

それぞれのパターンによく出てくる表現や
よく出る話の流れを勉強して慣れておくと
本番でもほとんどの問題に対応できるようになります。

Part4では、このそれぞれのトークパターンをしっかり練習して
慣れておくことが一番大事なことです。





Part4についていくつかポイントを解説しましたがPart3同様に
ちゃんと練習問題を解いてパターンを学習しなければいけません。



こちらの参考書を使って練習するのが
一番お勧めです。

先ほど説明したトークのパターンが
一つ一つしっかりと解説されています。

それそれのパターンに慣れて
耳を鍛えましょう。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。