スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日の勉強時間が十分にあり、テスト日までの期間もある方

下にそれぞれの目標スコアごとに勉強法とおすすめの参考書を紹介しています。

   →目標スコア400~500点台
   
   →目標スコア600~700点台
   
   →目標スコア800点台



 

・400~500点台


時間も期間も十分にあるという方にまず、絶対にやってほしいことは
単語帳の例文音読です。
これは私の大学の教授たちも進めている事ですし、
私自身が行ってみて一番大きな効果を感じた勉強法です。

具体的な方法を説明します。


ほとんどの英単語の参考書には英単語、単語の意味、そして例文が載っています。
参考書に付属のCDを聞きながら目で読んで、口に出して繰り返し、暗記します。

単語だけを見て暗記したほうが効率がいいと思う方も多いと思いますが
例文ごと暗記したほうが確実に良い勉強法だといえます。

単語ひとつで暗記をするとすぐに覚えられたような気がしてしまいますが
忘れるのもとても早いです。
ですが例文で暗記するとその単語はより長く頭に残ります。
その文の中で使われている文法を自然に使えるようにもなります。

CDを聞きながらなのでもちろんリスニング力も鍛えることができます。

さらに、口に出して読むことが非常に大事です。
目、耳、そして口の動きも暗記の道具として使うので
効率よく単語力だけでなく英語力全体が上がります。

ここで、この勉強法を実践するのにおすすめの参考書があります。

それがこちらです。



  なぜこの参考書がお勧めなのかというと、例文の長さ、
  CDの例文の収録のされ方が非常にいいからです。
  
  文の長さは暗記するのに長すぎず短すぎず。
  
  そして多くの単語帳はCDが単語→意味→例文とか単語→例文
  という風に再生されますが、これは例文だけが再生されます。
  いくつか英単語帳は使いましたがこの一冊がベストです。





もう一つ勉強する必要があるのがPart5&6です。TOEICテストのPart5&6は少し練習するだけでスピードが上がりスコアアップできるようなコツがたくさんあります。

この参考書を使いましょう。




   この一冊にはPart5&6のコツやテクニックが
   一つ一つ丁寧に解説されていて非常にわかりやすいです。

   もし最初にやってみて理解できなくても
   繰り返せば上達しますし確実にスコアアップできます。






この二つの勉強をしっかり繰り返して頭に入れれば400、500点台は楽勝です。
余裕があるようでしたらほかのページで紹介している
リスニングやPart7の参考書もチェックしてみましょう。



 

目標が600~700点台の方。


 まず、時間と期間が十分にあるということなので
前のページに書いたのと同じように




       こちらを使って英単語帳の
       例文暗記は必ずするべきです。
       
       理由や勉強法は上で説明していますのでご覧ください。











   そして


       こちらを使ってPart5&6の
       練習をすることも同じです。

       知っておくだけでスコアアップ、スピードアップできる
       テクニックがたくさん、丁寧に解説されています。

       Part5&6に関しては、この一冊を繰り返して
       答えを憶えるほどやったら
       十分にマスターしたといえます。





この他に必要なのがPart3&4の練習です。

この二つのパートは得点を上げるためには
ある程度の慣れが必要です。




    この参考書では解答のヒントになるワードや
    よく出題される問題のパターンなどが解説されています。

    そして大事なのがPart3&4での問題のリズムが
    分かるようになるということです。

    多くの人がこのパートではスピードについていけなくなって
    問題において行かれてしまいますが
    この本では選択肢を読むタイミングや
               特に集中して聞くべき部分、
               あきらめて次に行くべきタイミング
               などが分かるようになります。


               それだけでもこのパートはかなり簡単に感じるようになります。



Part1&2に関してはあまりテクニックなどはなく、
例文暗記でしっかりとCDを聞いていれば楽なパートといえます。

Part7にも特にテクニックなどはありません。
どれだけ速く正確に読めるかが大事で、
それには英語長文に慣れるしかありません。

Part7のトレーニングをするには安くてシンプルで
問題数の多い読解特急シリーズがお勧めです。




    一日に最低でも1、2問。できれば3問ほどを
    毎日続けていればスピードも
    正確さも確実に上がっていきます。






 

800点台が目標の方。


800点以上を目指す方もこれまでで言ってきた




     こちらを使った例文暗記
     (詳しくはこの記事の上のほうでご覧ください)















     こちらで、Part5&6のトレーニング
     (詳しくはこの記事の上のほうでご覧ください)













     これでPart3&4のリズムに慣れること
     (詳しくはこの記事の上のほうでご覧ください)




 これらは目標スコアが高い人たちでも
 更なるスコアアップの助けになるはずです。



そして800点以上を目指す場合は
Part7の正解率を上げることが非常に大事になります。

そこでPart7の上級なトレーニングにおすすめなのが、こちらです。

     読解特急の長文問題上級バージョンです。

     こちらは本番で出るPart7の問題の
     一番難しいレベルのものだけをたくさん載せた一冊です。

     それを一題5分を目標にして練習します。
     
     実際はじめはこのスピードで解くのはかなり難しいですが
     この問題集に慣れたころには本番のテストが
     前よりもずいぶん楽にできるようになります。


これらのほかにすべきことは模試タイプの参考書を使って
テスト全体の時間の感覚を掴んでおくことです。

模試タイプの参考書でお勧めなのは


    これはTOEICを運営している団体の作った
    公式のTOEIC模試問題です。
    
    公式というだけあって問題は
    本番と同じレベルで同じ感覚です。
    本のサイズも本物の問題冊子と同じです。

    ちなみに、模試タイプのTOEIC参考書は
    いろんな会社から出版されていますが
    本物となんとなく違う感じがする。
               ということがほとんどですので
               模試問題は絶対的に公式のものをお勧めします。

    

    本番前に何度か繰り返してやると時間配分や
    全体の感覚を確かめておくことができます。

    
     シリーズですので最新のものから使うのがお勧めです。








この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。