スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべえ解き終える時間配分!!

TOEICでは時間との勝負になりますが

正しい時間配分を知っておくことは非常に大切です。

英語力が変わらなくても時間配分をしっかりやるかやらないかで
スコアに直接影響します。

時間配分で大事なことをいくつか解説します。


リスニングパートは先読みが大事!!


リスニングパートは放送される時間が決まっているので、
全体の時間を節約したりはできませんが
リズムよく乗り切るための時間の使い方はあります。

まず一番最初に問題冊子を開いた後からしばらくパートの説明が放送されます。

この時にPart1の写真をすべて見て人物や物の位置などの注意点を
すべてチェックしておきましょう。

※このリスニングパートの説明の放送中にPart5のページを開いて
先に問題を解くことは禁止されているので気を付けてください。

Part3&4では設問の先読みのタイミングが大事です。

Part3&4の先読みのタイミングについてはコチラで詳しく解説しています。

Part5&6は駆け抜ける!!


Part5&6ではどれだけ素早く終えてPart7に時間を残せるかが大事です。

Part5&6の2つを20分で終えることを目標としましょう。
遅くても25分で終わらなければPart7が厳しくなります。

最初は20分というのはかなり厳しく感じると思います。

Part5攻略のページで解説した問題タイプの判断をできるようになれば
20分で最後まで行けるようになるので繰り返し練習しましょう。


見直しはPart5!!


最後まで解き終えることが難しいのに見直しなんてできないと思うかもしれませんが
実はTOEICで見直しをすることは意外と重要なんです。

Part7を50分ほどで終わらせれば最後に数分の見直し時間が確保できます。

この時にまずはPart5を見直しましょう。

Part5は素早く一気に解くのでちゃんと読めば解けたはずの
ミスがいくつか出てしまいます。

これを最後にしっかり拾っておけば最後の一瞬で貴重な点数を確保できます。

Part7の最後の難しい問題を時間をかけて解くよりも最後の数分になったら
いったんPart5の見直しに行ったほうがいいかもしれません。

どうせ1問は1問ですので簡単で確実な方を拾いに行ったほうが得です。

もちろん時間配分をマスターして全問解いたうえで
見直しもできるようになることが一番です。




全体の時間配分のまとめです。

  テスト全体:2時間1分
  
  リスニングパート:46分
  リーディングパート:75分  Part5:15~16分 Part6:5~6分 Part7:50~53分
  見直し:3~5分





時間の経過がすぐにわかる腕時計です。
↓↓
ベゼル回転式腕時計



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。