スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rの発音はWで練習!!

日本人が苦手な発音の代表と言えば「R」です。

この英語の「R」の発音は日本語にはないので我々日本人には非常に難しい発音です。


気にせずに日本語の「らりるれろ」で発音している人も多いかもしれませんが
英語の「R」と日本語の「らるれろ」は全然違う発音なんです。


ちなみに「L」の発音も「らりるれろ」とは違うものですがそれはまた今度解説します。


さて、みなさんは中学や高校では「R」の発音を習ったときに「舌を巻け」と言われたと思います。

ですがそーいわれてもいまいちよくわからずに結局みんな「らりるれろ」になっちゃいますね。
実際、英語の先生もちゃんと「R」の発音ができていないことが多いみたいです。



ですが、「舌を巻いて」なんて言われるより圧倒的に簡単な「R」の発音方法があります!!

実は、英語の「R」は日本語の「ら行」よりも「わ行」に非常に近いんです。
なのでRの部分をすべてWに変えて発音してみてください。


例えば"really?"と発音するときに、今まではカタカナ発音で「レアリー?」と言っていたのを
really?→weally?とするのでカタカナにすると「ウェアリー?」です。

"tomorrow"だったら"tomowwow"「トゥモウォウ」です。


これだけでも「らりるれろ」で発音するよりはかなりネイティブっぽく聞こえると思います。


ですがもちろんこれでは完成ではありません。

Wに変えて発音したら「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」になってしまっているので、そこに
すこしずつ日本語の「らりるれろ」を混ぜていってみましょう。


「ワ・ウィ・ウ・ウェ・ウォ」のときの舌が少し内に入っている感じを崩さないで

口の形を変えずに「らりるれろ」の音を混ぜてください。

ここで舌が口の天井に触らないように注意してください。
もし触ってしまったらそれは日本語のラ行です。


ちゃんとワ行の口でラ行の音を混ぜることができていれば、
その今発音している音が英語の「R」に非常に近い音になっていると思います。




"really?"→"weally?"→ラ行の音を混ぜる

"tomorrow"→"tomowwow"→ラ行の音を混ぜる

"ring"→"wing"→ラ行の音を混ぜる



このようにして練習してみてください。

しばらく繰り返していればそのうち意識しないでも自然に「R」の発音が出てくるようになります。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。