スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thの発音のコツ

「R」の発音の解説をしたときに「R」は「W」に変えて発音するという話をしました。

理由は英語の「R」の音は、日本語のラ行よりもワ行の音のほうが近いからです。


そして今回は「th」の発音についてですが、これにも日本語で近い音があります。

発音が苦手な人たちはthe(ザ)、them(ゼム)、these(ジーズ)というように
ざ行で発音してしまっていたかもしれません。


ですがこれからは、"th"を"d"にして発音してみましょう!

ダ・ディ・ドゥ・デ・ドです。


中学や高校ではthの発音を、舌を噛んで、という風に習ったと思います。

ですが実際ネイティブがあのスピードでいちいち舌を噛んでいるようなことはありません。


正しくは、舌を噛むというよりは、舌を歯の隙間に一瞬だけ入れるという感じです。


それではさっきのthをdで発音するという話になりますが、ゆっくりと「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」と言ってみてください。

その時、舌が前歯の付け根あたりに一瞬触ると思います。

そのまま舌の位置を少しだけ上の歯と下の歯の間のほうにずらしましょう。


その状態で「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」をまた言ってみれば、それが
英語のthの発音に非常に近い音ができています。


実はネイティブの人でも地域によっては訛りで完全にdの音で発音する人もいます。

the→ダ  there→デアー  them→デム
という感じです。




というわけで、まとめると、

thの音は「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」ではなく「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」に近い。

発音の仕方は
まずはthをdに変える。そして下の位置を歯の隙間の方ににずらす。



これからは「舌をかむ」ということを意識しないで、ここで紹介した方法で
練習すると今までよりもうまく発音できるようになると思います。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

リンク
カテゴリー
関連商品
amazonで検索
最新記事
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。